相続税

 20歳代に、給与計算業務についたのをきっかけに、

会社負担の通信教育で、税理士口座というのをとって、

毎年少しずつ受けて、所得税、住民税は、当然として、

財務諸表論、法人税法、相続税法まで個別に取得した。

簿記を勉強して、税理士になるつもりはなかったけど、

勉強そのものは、楽しかったのを覚えている。

その中でも、一番社会の仕組みとしておもしろかったのが

相続税である。


相続税が仮に100%だと、人は、国に収めるのは

ばかばかしいから、死ぬ直前に、世界旅行やカジノで

お金を使い果たしてしまう。


反対に、税率が0%だと、相続する配偶者や子供たちが

まじめに働かなくなり、不労所得に甘えて、やはり、

豪遊してしまうかもしれない。

また、同時に、経済格差がなくならない、という問題もある。

相続税というのは、この両方の問題を解決するために、基本的には

50%という発想から生まれた、というふうに学び、なるほどなあ、

と思った次第である。

その後、親族や親父の知り合いに頼まれて、実際の相続税計算を

して、税務署に提出したことも、5-6回くらいあるが、人生そのもの

が映し出されるこの仕事が好きで、もし、これが20歳代ではなく、

50歳代の経験だったら、そういう専門家を目指したかもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS