愛と暴力の戦後とその後(赤坂真理)

話題のベストセラー

だけど、予想通り重たかった。

-私の国にはなら何か隠された
ことがある-

こんなテーマで、
日本を斬り込んだ本。

僕は、日本の近現代史を
余りに知らない事に
ちょっとショックを受けた。

例えば、

「核の下の平和」

日本は奇跡的な敗戦国だった。
原爆を落とされ、無条件降伏
しながら冷戦の悲劇に
巻き込まれていない。

それどころか、冷戦構造があって、
ソ連と中国の傍らにあることが
ラッキーをもたらした。

グローバリズムというものは、
冷戦後、アメリカだけに任せれば
良い時代が終わって、いろんな国と
個別交渉しなければならない時代
の大変さ、である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS