データでみる人口減少

 人口減少が言われて久しいが、国全体で、

有効な施策は打たれているようにはみえない。


成熟社会では、出産数が減るといわれるが、

事実婚やシングルマザーに近い「婚外子」の比率は、

有名なフランスやスウェーデンで50%強、

アメリカ、イギリスで40%前後に対して、

日本は、2%。これは、国策以前に、国の

未来への本気度の違いだろう。


フランスでは、子供の数が多いほど、家計に

プラスであり、政府支出の家族関係が、GNP比で

4%弱という数字も、日本の1%弱に比べて

大きく違う。


議論の多い移民だが、EU各国は、10%台から

20%台。シンガポールは、30%、これに

対して日本は、1%である。


留学生の16%がアメリカを選び、日本は3%で半数が

中国人、能力差も大きいと言われている。


ちなみに、

1週間50時間超の長時間労働者は日本の30%に

対して、他国は、ほぼ半分。


銀座でも地方都市でも見かけるようになったアジアからの

観光客は、突出した国際化を感じるけども、国の根幹の

データは、ここに紹介したように、変わっていない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS