低欲望社会(大前研一)

 大前さんは、総理大臣や都知事になる人では

ないと思うが、コンサルタントとして、生きている

経済や社会を鋭く分析する頭脳(とセンス?)は

やっぱりすごいと思う。


彼の言い分を、例えば、文芸春秋などで、他の人の

意見とぶつけてみるとよくわかる。

そして、大概適切な指摘であることが多い。


この本では、アベノミクスのパフォーマンスに

対して、大変厳しい内容だが、じっくり読んで

みると、よく理解できる内容で、僕は、3回も

読んでしまった。


世の中の方向性を考えるときに、やはり

大前さんの著作は、はずせないなあ、と思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS