日本の難点(宮台真司)

 人は、大きな問題もなく、順調だったり、
調子が良かったりするときは、余り学ぼうと
いうモチベーションがわかない。
(そんなことない人も当然いるが)

不遇のときや、思い通りに行かないときに、
「自分に何が足りないか」を自責で考えられる
ひとだけが、学ぶ機会を与えられると思う。

この本は、難しい。
過去2度挑戦して挫折した。
だから、ここに推薦すべきかどうか
はよくわからない。

ところが、今回は、時間が経つのを
忘れるほどのめりこめる。
社会の成り立ちや原理原則が満載で、
「ああ、そうなんだ!」
という「感情的な」目からうろこの
連続である・

社会 とか
哲学 とかは
難解で、僕には、全体像が
さっぱりわからないのだが、
自分の能力不足による経験
からは、少しずつ近づいて
いるように思う。

こういう本を読んで、語り合える
人がいたら素晴らしい。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS