ラストマン(最終責任者)

 これは、「私の履歴書」川村前日立社長

の言葉で、エリート教育のためには、

小さな組織でも良いので、他に頼る人が

いない最終責任者をやらせる、という持論で

そのとおりだと思う。

所謂「器」というやつは、そこの

ポジションをやって初めて見えてくるからだ。


前回の似鳥社長も破天荒で、面白かったが

棒にとっては、川村さんのほうがリアルで

朝から何度も感動した。

0泊3日で海外出張から戻り、そのまま本社で

重要案件決済 が出来ないようでは、気力、来力面で

経営者失格となる、というのは、耳が痛い。


引き際は潔く、というのもそのとおり。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS