集団的自衛権の議論

その適用範囲や根拠についての
活発な議論が国会で行われているが、
根幹の議論は、今迄通り、
平和ブランドを維持してそれを以って
平和を維持していくのか、
それとも、日米同盟を現実化して、
有事に備えるか、の選択であろうと思う。

だがしかし、現実の世界の平和維持は、
もう前者では、難しいのではないだろうか。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS