New York city

 従来グローバル企業のビジネスや人事管理を

学ぼう、ということで、シリコンバレー中心に

行ってきた経営者ツアーだが、今年は、ニューヨーク

に行くことになり、週末をはさんで、前半は、NY

後半はSFO という内容に変えた。


NY初日は、朝11時にJFK空港に着くが、旅慣れて

いないと、Jetlagがものすごくきつい。

夕方になると、ほとんどの人が気を失いそうに

眠くなるはずだ。

入国後、初日の午後をどういうプログラムに

するか、エージェントの方に相談しながら、

ニューヨーク市庁舎を訪ね、かつては、犯罪の

街であったNYを、全米で最も安全な街と言われる

ようなマネジメントを学ぼう、ということになった。


1810年建築で、格調が高く、最も美しいといわれる

市庁舎も案内していただけることになった。


Broken windows Theory で有名なNYだが、1994年

ジュニアーニ市長は治安回復に力をいれて、5年後には、

殺人が67.5%、強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%

減ったという。

私も、80年代は、泊まるホテルも慎重に選び、夜間の外出は、

相当気を使ったが、いまや、夜中でも大通りであれば、堂々と

女性が歩いている、その変化には、驚くばかりである。


Public management を学ぶのも、大きな目的のひとつ。

今から楽しみだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS