「自分」の壁(養老孟司)

養老さんは、小さい頃から
世間との折り合いが悪いと
感じ、居心地が悪いと
思いながら生きてきたらしい。

日本には「世間」という会員制クラブがあり、
ここに入れない人はやはり窮屈に感じ、
例えば、東南アジア諸国から働きに来る人達が
その気持ちに共感するのだという。

僕には、こういう思いをした事がなく、
極めて平凡な人生で、
きっと会員制クラブの理事くらいの
ポジションであろう。

そういう意味では、この国で
幸せに生きてきたのだと思う。

そして、それは、折り合いの
悪い人の気持ちが分かりづらいという
でもある。

本の詳細はこちら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS