緑の毒(桐野夏生)

男性からすると
情念作家と言われる
桐野さんの最新作文庫本

ストーリーは、ありがちな不倫と
人の不条理を今回は、レイプという
犯罪で描いたものだ。

リアルで、生活感が臭い
ストーリーに引き寄せられて
一気に読んでしまうのは、
やはり、彼女のチカラだなあ。

本の詳細はこちら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS