本当に忙しいか?

 時間生産性は、教育という観点から

見ると、無駄もまた投資という部分も

あるので、一概に断定するのは、よくない

と思うが、一般スタッフレベルで言えば、

いつもバタバタしており、労働時間が長い

スタッフは、あまり効率的に仕事をして

いないケースが多い。


大体以下のケースに当てはまるだろう。


1、計画性と戦略性の乏しさ(要は、考えていない)に

  よるもの:毎朝いきなり緊急性の高い業務から始める

  スタッフは、大体このパターン


2、拘りが強く、生産性や収益性の概念が低いことによるもの

  お客様と上司が望むことより、自分の嗜好を優先させている


3、そもそも、マイペースのゆっくりした仕事のやり方しか

  できないという基礎能力の問題


4、ミスやモレが、多く、いつも、無駄な作業に終われていて

  それに気がつかず、改善意欲も低いので、それが日常業務に

  なっている。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS