夏枯れ?

 新卒採用のスケジュールが、5ヶ月遅くなった

影響もあるが、6月から始まった今期の第一四半期は、

創業以来の好決算となりそうだ。


6-8月といえば、創業以来「夏枯れ」といって、

業界全体が、仕事が無く、厳しい時期だったが、

時期ずれで、様相が変わったようだ。


好業績の理由は、新卒の特殊要因だけではなく、

押しなべて、全事業全般にわたっている。


特に、7月後半からの引合いが好調で、追い風を

感じる。

それは、一言で言えば、お客様もスマートになって

きて、案件と当社の適性がマッチングされてきた

といも言えよう。


アウトソースサービス業者を、ゴミ箱のように捕らえ、

安いコストで、プロセスの改善もなしに、無理な

品質を強要するような進歩のないクライアントも

まだいるにはいるが、総じて、業務オペレーション

に対して、品質、コストの妥当性、インソースか

アウトソースかの方法論を、戦略的に考えている

クライアントが増えてきたように思う。


特に、当社は、できるだけ、クライアントの問題解決を

ご支援したい、というポリシーの会社なので、その点の

付加価値を認めていただけるクライアントや案件が増えて

くると、好循環が始まるのだと思う。


企業とスタッフも、お互いがパートナーとして選びあう

企業とサービス会社も、同様、

という構造がだんだん現実味を帯びてきたことは

とてもうれしいことだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS