流(東山彰良)

今年の直木賞は、ユニークだ。
恐らく自伝に近いと思うが、
1970年代の台湾を舞台にした
小説だが、大きな政治の流れと
主人公の成長と、加えて、推理
小説の様な建て付けになっていて
なかなか面白い。

台湾に行ったことがないが
一度行ってみようと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS