不毛地帯

 久々に、山崎豊子さんを読みたくなった。

気分としては、年内は、もう、ビジネス本は

止めて、昭和の世界につかろうかな、という感じだ。


いつも、変化ばかり気にして、答えのない

世界でのインプットもなかなか疲れる、

というところだろうか。


不毛地帯

は、多分大学入学後最初に読んだ本で、最初は、

父親が読んでいたのを見つけ、何気なく手に取ったら

止まらなくなった記憶がある。

伊藤忠商事におられた副社長を扱った本だと

言われているが、単純な私が、これで、

職業観が出来上がってしまった感がある。

この30年で、恐らく4回は読んだはず。

しかし、久々に読み返すと、やはり山崎豊子さん

は味わい深い。国民的作家の所以だろう。

特に、言葉使いの古さ、高尚さ、味わい深さが

たまらない。



プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS