総労働時間管理の観点

 日本の総労働時間は、正社員に限れば、

この10年ほど2000時間程度と減って

いないようだ。


まあ、正社員を減らしたうえで、現場に

「なんとかせい!」

といっているだけの幹部が多いだろうから

それもやむを得ないか?


日米でのプロフェッショナルを目指す

ホワイトカラーの働き方は、様々だが、

共通点もあると思う。


まず、同じ時間外でも、朝が早いことだ。

ここに、まず、例外はいない。

日曜日夕方からは、仕事のことで頭一杯に

なり、たまらず出社してくる、という

パターンが多いので、特に、月曜日は、早い

傾向にある。


反対に、夜の残業は、乱暴に言えば、

・75%は、仕事が遅い(マイペース)か習慣化している。

・15%は、残業代が生活費に組み込まれており、習慣化している。

・10%は、??

というかんじか?


もちろん、例外はあるだろうが、高度成長時代じゃ

あるまいし、この時代もプロを目指す人が、

勉強と、プライベート を軽視するはずがない。


特に、リーダー、マネージャ職につくと、

絶対的な時間の制限に気がつき、仕事の

やり方を、マイペースからユアペースに変える

必要に迫られるが、ここで、出来る人と、

出来ない人で大きな差がつく時代でもある。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS