任せて教わる

 実質的に、初めて、マネジメントをチームで行う

今期は、いろいろ感じることが多い。

任せたマネージャーは、まだ若く、未熟なことも

あるが、その「責任感」という意味では、強烈な

ものがあり、僕らの信頼関係を築いている。


まあ、この部分は、それぞれだが、マネージャの

昇格要件だから、みんな持ち合わせていないと

困るだろう。ただ、その責任感というと、人格的な

ものに感じるかもしれないが、これを能力で分解する

と「一定の挫折感に裏打ちされたストレス耐性」があり、

この部分が、発揮できるようになる若手は、少ない。

僕の経験でも、10%くらいの確立だから、

人材に恵まれたということだろう。


さて、任せて、見ていると、いろんな発見があり、

自分より、明らかに優れているなあ、と思うこと

もある。

最たるものが、スタッフを理解し、許容しようという

姿勢である。まったく持って、辛抱強いなあと思うし、

部下が心底信頼しているのを感じる。

僕は、もっと自我が強く、自分の価値観と合わない

スタッフを矯正しようとしたり、排除したりして

きたので、まったく頭が上がらない思いだ。


当社のリーダー人事も、当然、マネジメントの決裁

事項ではあるが、実際には、スタッフの声の総評

に近いとも思う。


人のために、時間を使える、

付き合ってくれる、というような言動は、

長期的に安定して誰にでもできることではないから、

スタッフには、よく見えてしまうものだ。


これらの強みが

「部下に嫌われたくない」というホンネの心理に

負けないように、「マネジメントの役割」を教える

のが、僕の仕事であろう。


強みを消さずに、伸ばすのに、まだ数年かかるだろうなあ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS