部下から愛されたいか?

スポーツ雑誌 「ナンバー」が
ラグビーワールドカップ特集で
数十年ぶりに臨時増刊号を出した。

どの本屋でも、売切れで、漸く
手に入れて、読んでいた。
(因みに、マイナーの象徴である
「ラグビーマガジン」売切れ
には、心底驚いた。

さて、エディージョーンズHC
の単独インタビューにこんな
件がある。

「これまでの人生の中で、選手に
愛されたいと思った事はないの
ですか?」

「コーチになってから、一度も
ありません。必要ないからです。」

プロだなあと思う。

もちろん、選手や部下にどう
見せるか、どう演じるかは
いろいろあるだろう。

大事な事は、役割に徹することだ。
そうすると、選手や部下に「好かれる」
事は、あり得ないということに気づく。

心が弱く、
孤独に耐えられない者に
リーダーは、務まらない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS