日本型雇用によって失われたもの

 リクルート社発行の「Works 132号」は、久々に

読み応えがあって、面白い。

内容は、「日本型雇用の歴史と本質を振返る」


例えば、濱口桂一郎さんのこんな指摘


「資本主義発展の中で、大量の勤勉な労働者が

 必要とされ、そのために、労働者に、それを

 正当化するストーリーを見せる必要がある。

 欧米では、スキル であり、これがどこでも

 通用する資産だというストーリー。

 これに対して、日本で労働者の資産として

 造られたのは、「メンバーシップ」つまり、

 企業の一員 という安定性と保障である」


こういう分析には、思わず、唸ってしまう。


ここから、このメンバーシップに残れる

正社員と、あぶれた非正規社員に別れ、後者

が増え続けているのが、日本の実態。


同様に、新卒採用という独特の企業嗜好

(育成戦略)がもたらすシステムが、人材調達の

中心になっていることも見逃せない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS