人事は管理部門から脱却できるか

 これは、Harvard business review今月号の

タイトルである。その中に、GEからLIXIL副社長

になった八木洋介さんの寄稿があったので、紹介

したい。

いくつかの点で、私の考えとは違うなあ、

というところもあるけれど、彼の一貫した

以下の意見は、そのとおりだと思う。


・人間を点数で計ることに無理がある。

 点数化は、評価者の怠慢で、それに代わるものは、

 徹底した議論であり、そこに一定の主観が入ることは

 やむを得ない。


私も、創業以来、シンプルな人事制度と、マネージャによる

徹底した共有と議論によるランキングミーティングで評価を

決めてきた。そこでは、僕が、指示をすることはほとんどない。

マネージャーの納得感が一番大事だからだ。


ちなみに、GEの9ブロックは、導入を試みたが、

難しいなあ、と挫折した。あきらめずに、挑戦したい。


もうひとつ紹介。


・人事プロフェッショナルになるために最も大切なのは、

 「自分自身を知ること」である。

 ハートのあるコミュニケーションから、

 人を動かす(ストーリーテラー)には、必須である。


これは、マネージャーにも共通するけども、人の上に立つ人ほど、

謙虚で、誠実であるべきで、これが、自尊心を抑制し、人の違いを

許容する器につながるからだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS