華麗なる一族

 社会人は大体 35歳くらいから、外観で

凡そのことがわかる、というのが、ここ数年の

発見である。第一印象は、馬鹿にできないのだ。


でも、これは、相当深くいろんな人と関わり

多様な経験を積み、そこから学んだ者にしか

見えないはずだ。


概観には、まず、顔。無理して笑顔を作っても

いつもしている表情に顔の基本の筋肉が

合ってくるので(根拠はないが)、笑顔が

怖かったりすると要注意だ。


僕は、女性で無いので、専門的なことは

わからないが、お化粧や髪、服装などからも

「らしい」ものと不自然なものは感じることがある。


体型は、自己抑制の力がわかる。

ストレスのかかるポジションや

リーダーを任せられるかどうかの

メジャーである。


そして、濃い話をしたときの表情、間、

話しぶりは、情報の宝庫である。


こんなことを、山崎豊子さんの小説を

読んでいると、彼女の人物眼を改めて

感じる次第である。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS