きゃりああっぷ

 キャリアアップとは、何ぞや?

多くの若者の誤解は、ポジションや、給与を高めることであり、

現実的な手段として、会社を変えることも大いにある。


ところが、新卒から、35歳くらいまでの給与は、

社会構造の変化で、普通の子でもチヤホヤされるし、

転職するだけで、目先の給与は上がりやすい環境にあるのだ。

だけど、そんな上手い話は、長続きしない。

賃金を決める市場は、いつも適性に収束していくからだ。


本当のキャリアアップとは、どこの会社に行っても通用する実力を

身につけることだけである。


これがわかり、実力に基づいた給与格差がつくのは、

どうしても、35歳以降だと思う。(ITエンジニアなど

例外はあるけど)


そこからは、給与と実力がマッチしているので、

そうそうぶれないが、お金とポジションを求めて

転職していった人たちの40歳代、50歳代は

その実力が給与以下である場合、かなり厳しい。

実力で示せないと、政治活動に精を出したり、

ずるいことに手を染めるようになり、

人間そのものが変わっていく例をたくさんみてきた。


こういう事実は、いつの時代もあまり変わらない。

キャリアを、一つの会社で求めるか、場を変えるかは

あまり問題ではない。


「給与は、少し遅れて、後から付いてくる」のが

ちょうどいいのだ、という事実を学ぶかどうかの違いだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS