心と言葉の溜め

 好きな本をゴロゴロ転がって読む時間が

一番贅沢を感じる憩いの時間である。


英語や、経営者としての勉強も、時間を決めて

やるのだが、こういう修行のようなものではなく、

「今読みたい本」を数冊並べて、好きなものから

乱読するのが、いいのだ。


以前書いたように、

8月から、山崎豊子シリーズ読破を

決めていて、不毛地帯、白い巨塔、

華麗なる一族 は、読んだので、大体

毎週1-2冊のペースである。


彼女の小説を欲する背景には、きっと、

自分のコミュニケーション能力不足への

コンプレックスや反省があるのだと思う。


元来、ものを言う場も、時も選ばず、相手に剛速球を

投げつけるような方法が多かった僕には、

コミュニケーションに、「溜め」というものがない。


心と言葉に溜め がないと、まあ、

ゴルフで言えば、遠心力を使わない

「手打ち」みたいなものだから、力む

割には、ちっとも、飛ばない、ということになる。


山崎豊子さんの小説には、

「...などおくびにもださず、しゃあしゃあと言い切った」

「そう言ったが、実際のところは、...であった。」

なんて表現が、随所にでてくる。


昔は、面倒くさくて、読み飛ばしていた、こういう

部分に、妙に反応し、関心してしまうのは、

還暦近くなって、人間ができてきた証拠であろうか、

いや、そんなわけはないな。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS