脱皮と成長

 最近の若手の採用基準は、入社直後から

所謂コミュニケーション能力を求められる

ことが多く、結果「バランス感覚のある子」が

採用基準になりつつある。


そういう意味では、彼女は、バランスの悪さ

この上なく、何をやらせてもミスを連発し、

上司に、10円禿げ を作らせるような

凄い新人だった。


まあ、性格とルックスがチャーミングなので、お客様

が、可愛がってくれる、というのが、唯一の取柄だった。

その後、体調を壊すこともあり、ちょっと、採用ミス

だったかなあ、などと思ったこともあった。


そんな彼女も、入社5年が経ち、今年は、営業チームの

リーダーで、新人2名を従えて、飛び回り、パフォーマンス

も会社のトップクラスとなるまでに、成長した。


創業以来の採用ミスが、なぜ、エース社員に化けたのか?


今日、多忙な彼女を誘って、食事をした。

上司や環境も、随分助けてくれたけども、

改めて話すと、異様なまでの素直さと、

馬鹿みたいな向上心だな、と感じる。

ちょっと、僕の20歳代に似てなくも無い。


彼女は、今、次のステージに脱皮しつつあり、

積極的に、部署外の先輩社員たちと、食事をしたり

するようになった。そこで、また気づき、学ぶ。


先輩や、僕が、彼女と飯を食べよう、と思う

のは、彼女の素直な人柄によるだろうし、

お客様が、彼女に、相談し、発注していただく

のも、同じ原理だと思う。


こういう特別な才能を持つセールスは、

当社には、彼女のほかに、一人しか見当たらない

から、セールスとしては、相当のレベルになるだろう。


このような、目の前の、実験というか事例を

目にするにつけ、

「素直な心と向上心」は、

「能力やスキルに勝る」

という真実を突きつけられる。

(時間が、かかるのが、難点だが)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS