変わる前兆

 今朝のNHKでは、珍しく、採用困難に陥る

中小企業に、学生をそのまま紹介する

「人材紹介企業」を採用支援事業として

紹介していた。


ただでさえ、多忙な経営者が、高額で、

学生の集まらない説明会に、行き、

手ぶらで、失意の思いで、帰る。


彼らは、こう言う。

「若い人材は、ほしいが、説明会

 やナビを使った、非効率で、無駄の多い

 業務をやっている時間は、僕たちにはない」


それは、そうだろうなあ、と思う。


今の日本の新卒採用システムは、

リクルート社が作り、世界でも類を見ない

とてもユニークな発展をしてきた。


特に、高偏差値大学から、コミュニケーション能力と

人間性のマッチングで、選考を進める大企業や

人気企業には、この上ないシステムであろう。


だが、制度疲労が、徐々に進行している。


どこか、そう遠くない時点で、大きな

変化が訪れるだろう。


当社のような、「旧システム」に依存して

いる会社は、ひとたまりもないはずだ。


そのためには、いつも、市場の声に、真摯に

耳を傾け、大きな変化の波にのらなければ

ならない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS