目の前のことに100%取組むこと

 このタイトルは、昨日ラグビー五郎丸選手が、

母校早稲田で、学生に講演をおこない、その際

の質問に答えた内容だ。


たまたま、夕べは、当社の若手ホープ二人と

会食を共にして、彼らのキャリアをいっしょに

考えるという時間をもった。


昔の自慢話(?)は、封印している僕にとっては、

珍しく、ほとんどの時間を、僕や仲間のキャリアの

歩みを話す、という場となった。きっと退屈

だっただろうなあ、と思う。


しかし、実は、そこで、話した要点は、

まさに五郎丸選手と同じ話だ。


キャリア上「成功」と呼ばれる答えを探し、

そこへ最短距離で、向かえる若者は、一握りで

実力も、運も、相当高いレベルだ。


今の五郎丸選手のように、社会人10年ほどは、

馬鹿みたいに、目の前のことを100%やったほうが、

「自分のすすむべき道は、多分これだな!」

という発見につながりやすい。


僕の時代と今の若手の違いは、会社に依存できない

ことが大きいが、まあ、最初の10年は、どこの

会社でも、そんなに影響はないはずだ。


因みに、五郎丸選手は、早稲田に入学したときに、

「10年に一度の逸材」といわれたが、その後、

いろいろあって、日本代表からもはずれ、不遇の

時があった。だけど、彼は、その環境から逃げずに

(部活動を縮小したヤマハに残り)

自分の選択を全うしたことが、一つのポイントではないか。


さらに、代表に復帰した際、エディー監督は

「普通の選手だった」といい、清宮監督も、

「ワールドカップで、世界レベルの選手に化けた」

と話している。


ということは、

200日にも及ぶ、宮崎合宿で、朝の6時過ぎから

猛練習が「目の前のこと」であり、そこで、

「100%取組んだこと」

が、今の彼につながったと信じる。


そう断言するのは、

彼ほどの有名人ではなくとも、

僕の周りの成功者に例外はないからだ。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS