心身共に健康

 どんな分野であれ、専門性や真実を追究する

仕事や研究は、時間と知能、体力の戦いである。


だから、健康面で問題があり、仕事を休み勝ち

になる人で、「仕事ができるという評価をもらう」

という事例を、僕はあまり知らない。


集中力を生み出す体力がなければ、一定の仕事は

できないだろうだろうから、やはり、体力と健康は

基本なのだ。


昔から言われることだけど、

病気がちで、一定のリズムで、仕事を休んだり

パフォーマンスに影響がでる人は、自分に甘く、

精神的にも弱い人が多いと思う。

休むことが、当たり前のようになったら

この先は、厳しいだろう。


もちろん有給休暇などは、労働者にとって

当たり前の権利だが、ここで言うのは、

自分の役割に対する責任感の問題だ。


責任ある仕事をする人は、不思議だが、

「週末や連休になると熱をだす」のは、

よく聞く話だ。


36年間、人事と経営に携わってきて

つくづく思うのは、「病欠の多い人は、

自己管理のできない未熟な人が多い」

という事例だ。



プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS