国家への危機感

8年ぶりの台湾政権交代の
裏には、一昨年の中国との
貿易協定に反対する学生の
国会?選挙と10万人が参加した
大規模反対集会からのうねりの
結果だとも言われている。

中国との接近で、
民主主義に危機感を持ち
立ち上がった学生のパワーに
驚かされる。

中には、自ら立候補した
学生もいる。

国家という強烈な
アイデンティティを
スポーツ以外で感じる
事は、実は、あまりない。

私達にとって当たり前の
民主主義は、どちらかというと
その制度疲労が目につくけれど、
失うかもしれないという危機感
が襲った時に、果たして、
私達一億の日本人は、
立ち上がるのだろうか?

2300万人の台湾国民の
エネルギーから、そういう
ことを思わざるを得ない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS