「要するに馬鹿なんだ」

 奥田さんの 2005年のベストセラー。

当時読んだときは、痛快小説として

「ワハハ」「ガハハ」と笑いが止まらず

「あー面白かった」で終わった本だ。


サウスバウンド(奥田英朗)


10年たつと、僕のような凡人でも、

多少は、変化あるいは成長するらしく

今回は、細かい描写や台詞にのめりこみ、

ちょっと、感動したりしたものだ。


最後のほうに、こんな台詞がある。

元過激派で、無茶苦茶な父親が、息子に

伝えるセリフという場面だ。


「お前は、お父さんを見習わなくていい。

お前の考え方で生きていけばいい。

お父さんの中にはな、自分でもどうしようも

ない腹の虫がいるんだ。

それに従わないと、自分が自分じゃなくなる。

要するに馬鹿なんだ」


ちょっと長い小説だけど、

この一言で、人生の真実を表していて、

軽いビジネス本など読むよりも、よっぽど

味わい深いものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS