安心組織から信頼組織へ

 先日ご紹介の著作の中に、表記のような

面白い表現があったので、ここに紹介したい。


「安心組織」とは、高度成長時代の大企業を

例に言えば、終身雇用や年功序列を武器に、

会社への安心感を社員に伝え、社員も会社に

おんぶにだっこ状態をつくり、何でもやります、

という働き方をさせるシステムを言う。

人事部の仕事は制度維持であったという。


中小企業では、システムまでいかないが、

家族的経営を標榜するなど、近いものは

あったのだろう。


これに対して、「信頼組織」とは、組織内の

個人と個人が、信頼をベースに、対等な関係で、

最大の貢献をしあうシステムで、やはり、

ベースは、直属上司の力量にかかるだろう。


私がまさに目指す会社像も、この信頼組織

であり、これが一体システムなのか、属人的

なチカラなのか、そのイメージも曖昧だが、

多分後者ではない。


ポイントは、若いリーダー育成にあると思う。

こういうリーダーの素養を見抜いて、

育て、花開かせることは、日本にノウハウがない。


ついつい、我々は、大学や前職の有名度、

英語のスキルや資格などに評価を左右されるが、

今までにない「信頼組織におけるリーダー」を

採用、育成することが、使命感だと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS