ガール(奥田英郎)

こんな本ばかりで、
お叱りを受けるかも
しれないが、これは、
笑いあり、涙ありで
最高傑作だ。

特に、最後の「一回り」
は良いですよ。

それにしても、僕とほぼ
同級生の著者が、何で、
この様に女性を描けるのか?

まるで、林真理子の世界か?

感性でかたずける
わけにはいかない。

本の詳細はこちら:
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS