新人面談

先週と今週で、去年4月入社の新人との
個別面談を実施中である。

後2ヶ月もしないうちに、後輩が入社してくる
彼らは、大体1月くらいから、尻に火がついて
顔つきが変わるものだ。

入社して、1年弱で、彼らが何を感じ、
何に悩み、格闘しているのか、を知るのが
面談の目的である。

彼らの指導は、月に2回の上司との定期面談
および営業同行の場、飲み会などで、諸先輩
から適切に行われており、まずは安心。

一方、この3年ほど続いている
「失敗が怖い症候群」は着実に進行しており、
自責文化の強い当社の風土と相まって、
人生で初めて、自分の課題と向き合い、
自信を失ったり、弱っている者も中にはいるが、
おおよそ、健全な悩みを抱えながら、逃げる
ことなく、成長の過程にあるなあ、と
いうことがよくわかった。

6人の新人に、6時間の面談は、話すと
驚く人が多い。
「よくそんな時間がありますね。」
と顔に書いている。

でも、僕は、社長として、付加価値の高い仕事
だと思う。僕自身は、1年後に、何を話したか、
もしかすると覚えていないこともあるかもしれないが、
彼らは、10年たっても忘れないだろう。

渾身の指導とは、そういうものだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS