地方賃金の高騰

 人口減少と、IT技術の発達などによって、
地方賃金に異変が起きている。

例えば、当社が進出している熊本県では、
一般的な賃金は、東京の70%というのが、
相場だった。

ところが、新卒賃金のみが急騰し、
恐らく、現在、東京の90%前後に上がって
きているようだ。これにより、20歳代全体の
賃金が上がっていることが想定される。
男女差は、まだあるが、若手について言えば、
差が埋まってきている。

地方大学やUターンで戻る学生数が減り、
優秀な学生を中心に、奪い合いがこの
2-3年起きていると考えるべきであろう。

一方、定着率の高さから、入社後の昇給は
低く、年齢があがるに従い、東京とは差がつくようだ。

実に、人材市場の変化が早くなってきた。
まごまごしていると、事業経営そのものに
大きな影響がでてくるはずだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS