顔に降りかかる雨(桐野夏生)

もう20数年前の
江戸川乱歩賞作品

クルマや宝飾品などの
ブランドが頻発する小説
だから、どうしても時代を
感じないわけにはいかないが、
ストーリーそのものは、今でも
重版を重ねるだけあって、
新鮮で面白い。

小池真理子「恋」
藤原伊織「テロリストのパラソル」

を思い出した。

東大全共闘の時代背景の
せいだろうか。

詳細はこちら:
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS