現代リーダー像 思考

 第3四半期を振返るに当たって、

BtoBサービス業&労働集約型

という当社ビジネスのリーダー像を

考えてみた。

社名の由来にあるように、

なんといっても、過酷な環境でも

仕事を楽しめるようなリーダシップ、多くのスタッフが、

「この人について行こう」と思えるものは何か?


1、チームや自分の役割を離れて、気がつき、モノが言える強さ

  (人が人に感じる「器」とは、多分「役割や肩書き」を超えたり

   はみ出したところにあると僕は思う)


2、好き嫌いや差別をしない誠実さ

  (人は、言動一致を持って、人を信用する。

   だから、リーダーは、寡黙にならざるを得ない)


3、その人自身のモチベーションやビジョン

  (困難に挑む行為は、損だが、得るものも大きい、という

   ことを行動で示せるか、そのために、勉強を続けているか)


このように、考えると、その人の人物特性の本質に

依存することがわかり、年齢や経験、男女差ではない

ことがわかる。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS