米国視察先 交渉

 5月末の第5回米国企業視察ツアー

訪問先企業の選定と交渉が山場を

迎えている。

今週は、大型視察先とのネゴのピークだ。


視察団が、40名と過去最高となったこと、

また、ここ数ヶ月のテロの影響で、

企業が、視察受入に対して保守的になっており、

予想以上に困難を極めている。


現時点で、ヒューレット・パッカード、

マイクロソフト、グーグル社が、一度に

全員を受入、シニアマネージャの事業紹介

と、オフィスツアー、食堂でのランチ、

敷地内でのショッピングを受け入れてくれた。


他にも、米国トップの病院でのAI先端事例、

セールスフォース、シスコ、リンクドインなど

の可能性が高まってきた。


引き続き、ビッグネームとの交渉は続くが、

今年は、日本人経営のベンチャーや AI研究

についても学びたい。

こちらは、会議室もないだろうから、恐らく

ホテルに来ていただき、セミナーとなるだろう。


いずれにしても、今月中に、ベイエリアの二日間

の85%は固めたい。そして、来週から二週間で

ニューヨークも含めた視察プログラムをほぼ確定

させたいものだ。


当面、米国との電話会議やメールが続くが

頑張らなくちゃ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS