羊と鋼の森(宮下奈都)

 北海道の片田舎に住むピアノ調律師の話


宮下さんの作品は、普通の人の日常から

心の動きを、鋭く追いかける内容が多い

けど、この本も例に漏れず。


最後まで読めたのは、

答えがなかったり、

妙に、アートっぽいところや

トレードオフの先に、納得感があるところ

など、なんとなくだけど、


「人事の世界と一緒じゃん」と思えたからか。


本の詳細はこちら:
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS