総力戦 五日目

各方面からの見舞い品が続々熊本オフィスに
届いて、現場のスタッフが喜んでいるようだ。

本当にありがたい。

困った立場になったときに、こういう
心遣いが身にしみるものだが、
忘れないようにしなければ。

配達や新幹線などの移動手段が徐々に確保
されてきたのもうれしい一方で、熊本のホテルが
稼動せず。宿泊手段がままならず、
出張の手配が厳しいのが困った問題だ。

総力戦の1週間がなんとか終わり、
多少のミスはでたが、お客様にもご理解
いただき、なんとか最低限のサービスを
提供し続け、凌いだ感じがする。

良くスタッフが頑張ってくれた。
大したものだと思う。

私たちは、熊本スタッフの個別支援を
検討し、当面の困難をどう支援して
乗り切るかをほぼ決定し、伝達した。

困難にあえぐ仲間に、少しでも助けに
なるようにできればと思う。

ただし、自宅全損などの大きな被害は、
お金だけの問題ではなく、当面の生活と共に
精神的なダメージが大きいので、現地に
言って、話を聞かなければ、安易なことは
できない。

来週は、マネジメントチームを派遣する
ことにしよう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS