知性と個性の展開

数ヶ月前から始めた
「社内ブログ」という取り組みは、
社内コミュニケーション活動の一環
として、やっているが、リーダーと
中堅スタッフの二本が同時に走って
いて、ちょっと食傷気味でもある。

6月からは、新しい会計年度になるので、
少し、担当者の交代をおこなおうと思う。

当社で、おこなうこの情報発信は
「知性と個性」の発信である。

つまり、勉強と信念をどうやさしく
面白く伝えるかがポイントになろう。

そういう意味では、その内容によって
モチベーションも、勉強量も、人間性も
露になってしまうのだと思う。

僕の期待値から見ると、勉強不足が
露呈して、会社の貧弱さがひしひしと
伝わってくるようだ。
また、全社員にどのように伝えるか
の工夫もまだまだ見られない。
マイペースである。

リーダーとそこを担うスタッフは、
こういう知の競演でも、良いアウトプットを
出して、社内で一目置かれるべきである。

週に1回くらい、こういう発信ができない
者は、リーダーの資格もないと言って
良いだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS