理と情の狭間(磯山友幸)

大塚家具の事業継承を
ケースとして、コーポレート
ガバナンスを考えるという
日経新聞の元記者のレポート

僕も、中堅企業の事業継承を
研究し、ビジネスにしている
から、大変興味があった。

典型的な親分肌のオーナー社長
と理論家の長女が、株主総会で
争うところは、凄まじい。

法的な面での企業のあり方
社外取締役や報酬委員会などの
仕組みなどの一つ一つは、その
目的がわかるけど、当社のような
プライベートカンパニーがどう
あるべきか、どう備えるべきか
は、かえってよくわからなく
なってしまったようだ。

本の詳細はこちら:
理と情の狭間(磯山友幸)
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS