烏合の衆か多様化か?

二本立てで始めた社内blogが、
少しづつ根付いてきた様だ。

中心は、中高年blogで、
人選は、原則として、一定の
入社歴と個性と主張があることに
加えて、お客様からも、社内の
仲間からも、頼りにされる人間性だ。

一方、マネージャーblogは、
同期が抜けて必然的に若くして
リーダーになったスタッフ中心で、
少年少女探偵団という感じで、
人間形成は、これから、
やる気だけが先走るという
暑苦しさ満載だが、それもまた、
当社らしさ。

さてさて、リーマンショック以降
順調に成長してきたが、この様に
当社は、今、烏合の衆とも言えるし、
流行りの言葉で言えば、

ダイバーシティの実験と実践
の最中とも言える。

多忙なスタッフが、顔を合わせて
交流できるのは、年に一度が
限界だから、烏合の衆が、
交わり、そこから、何かが
スパークするような組織が
必要だ。

連日誰かしらの投稿があり、
少々うるさいのでは、という
声もあるが、僕は、むしろ
もう一本走らせたいと思っている。

SNSのパワーを遅ればせながら
実感している次第である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS