アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。(稲垣えみ子)

話題の稲垣さんの本をようやく読めた。

この人は、当社の人物分析システムに

計ると、きっとこういう人だろう。

 

・好奇心が異様に強い

・自尊心がかなり低い

・客観性が極めて高い

そして、「正義感」のかたまりかな。

 

アフロヘアや、家電を使わない生活

あるいは、独自性のあるコラムに

目が行きがちだが、僕が感銘したのは、

この本の最後の章。

 

タイトルを並べると-

 

マスコミは誰のため?何のため?

朝日新聞は必要だって、心底言えるのか?

人間の言葉を取り戻す

安倍さんの「本気」に負けている

 

そして、最後の章が一番いい。

 

自分の弱さこそが光なのだ

 

これは、心底凄い気付きだ、

にそう思う。

 

本の詳細はこちら

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。(稲垣えみ子)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS