やらせてみなければわからない

私たち日本人が大好きな新卒採用という

ものは、とても優しい仕組みだと思う。

 

一部のブラック企業でなければ、普通の

会社は、学生を雇うことに、社会的責任を

感じて、多少ダメなところがあっても、

我慢強く育てようとするものだ。

(そうであってほしいのだが)

 

一方、組織のリーダー候補や、経営マネジメント

候補は、こうはいかない。

 

現状の役割責任を100%果たせて

いるからといって、上位の仕事ができる保障は

全くないからだ。

 

そうなると、「入学方式」が最適である。

 

とりあえず、やらせてみよう!

という判断である。

 

こうやって化ける子をみるのは、何よりも楽しい

反面、器の問題か、成長の壁を感じてしまう

こともある。

 

管理職採用でも同じだ。

採用面接では、世慣れた者同士の腹の探りあい

になりがちだし、リファレンスとるのは、実際には

簡単ではないと思う。

結果、「雇って、やらせてみなければわからない」

ということになる。

 

管理職予備軍がごろごろいる大企業には

ない悩みだが、こういう人事のツボがわからない

と小さな組織の人事部門は、統括できない

のも、また事実である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS