ジャッジメント(小林由香)

未来の刑法が変わり、
殺人事件などの量刑判決の
際、被害者が、加害者を殺める
事を選択できる、と言う仮説の
話。

短編集だけど、なかなか味が
あって、読み応えがあり、
考えさせられる小説である。

世の中の表裏
家族の表裏

をテーマにした
珍しい小説かもしれない。

 

本の詳細はこちら:

ジャッジメント(小林由香)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS