出番がない

数年前に比べれば、
格段に無駄な時間が減って、
考えたり、想像する時間が
増えてきたのは、悪い事では
ないだろう。

理由は、顧客トラブルなどや
経営、労務的なトラブルがほぼ
無くなってきたことが大きい。

マネージャーの力量が高いのと
ビジョンや価値観の浸透が進んだ
ため、未然に問題が解決されたり、
仕組みが作られたからだろう。

問題が発生しないので、
出番がないとも言える。

さて、良い事だらけのようだが、
モノゴトは、トレードオフ。

経営者が、現場の感覚を無くす
事で、何を失うのか、今日1日
は、そればかり考えていた。

詰まる所現場代表のマネージャー
に多くの意志決定を任せることが
大事だと思う。

任せた先に起こるであろう
問題を解決する事が仕事となる
はずである。

これすなわち、マネージャー教育
に他ならない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS