日経新聞「経済教室」遠藤乾

 

「EUは生き残れるか?」

 

シリーズの二回目の今回は、北海道大学教授の

遠藤乾さんの原稿。

 

テーマは、グローバル化、国家主権、民主主義のトリレンマ。

 

現在社会の最も深刻な政治、経済のファンダメンタルイシュー

について、論じた内容であり、読み応えがあり、明快である。

 

当社では、この記事を、リーダーの勉強会に使おうと思う。

グローバル化の進展で、途上国・新興国の労働者と先進国の

上位所得者1%が潤い、先進国の労働者の平均所得以下の

人々が沈む、という現象を解説している。

 

オーストリア大統領選挙(第1回)、

イギリスのEU離脱、

アメリカの大統領選挙など

も、この現象だと説明している。

 

日本で、せいぜい、自民党VS野党

という状態なのは、移民に仕事を奪われて

いるわけではないし、自由で安心な生活が

凡そできているからだろう。

 

このとても大きな問題は、

どちらかの層の代表として、声を大にしている

だけでは、解決しない。

三つのファンダメンタルをどう動かしていくか

の世界レベルの発想と行動力が、求められている

のだろう。

 

一方、私にできることは何か?

日本が、いずれ、移民を受け入れ、

イギリスのようになったときに、

この世界で、自律して生きていける

若者を一人でも多く、輩出していく

ことだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS