人魚の眠る家(東野圭吾)

脳死判定という重たいテーマを
扱ったこの小説は、東野圭吾さんの
歴代の作品の中でも、力作だと思う。
きっと、映画化されるのだろうなあ。

登場する人物の台詞ひとつに
思いが込められていて、飽きさせない。

夫、妻、親戚、医師
誰の台詞も考えも、わかって
しまうような不思議な小説である。

 

本の詳細はこちら:

人魚の眠る家(東野圭吾)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS