日本の生産性の実態

2014年データで、日本のGDPは、
米国、中国に次いで、3番目で
ある事は、周知だが、これを全人口
で割った一人当たり生産性では
26番目となる。

近いデータで、就業人数を分母に
した場合は、19位であり、GDP規模
の同じクラスの国々にほぼ劣っている。


これらのデータが、一定の
生産性を正しく表していると
仮定すると、何故ここまで低いのか。
米国比較でも、凡そ 70%である。

・労働法による人材流動性の問題
・企業間競争を妨げる規制の存在
・企業及び社員の安定志向
・経営者の力量
・英語力やコミュニケーション力

良く言われる幾つかの
要因が思い浮かぶが、この3日
考えた 自分世代の弱みをもう少し
まとめて明日以降にアップしてみたい。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS