読書少年とコピー男

何度かここに書いてきたが、
高校や大学の友人の相当数は、
所謂学歴エリートであり、勤めた
会社は、一流企業と言われる有名
企業が多い。

一方、独立後知り合えた経営者の
殆どは、彼らと違う人生を生きて
いるようにみえる。

僕は、後者が、断然好きだ。
(個人としてではなく、経営者
としての話だが)

何故だろうと改めて考えると、

物凄く単純に言えば、 前者は、世間体というか、他人の
評価を人生の基軸としている
けど、後者は、
「自分の湧き上がる気持ちに逆らえずに
自分の好きな事を通しているから」
だと思う。

もちろん、どちらの道にも
喜びも辛さもあるのだが、
僕には、大きな違いがあるように
思えて仕方ない。

それは、明らかに時代の変わり目
であり、働き方や人生の価値観が
大きく変わっている今だから、
強く感じるのだろう。

若手にアドバイスを求められれば
いつも言う事は、
「自分らしく生きなさい」
ということに尽きる。

だけど、これをするには
一定の勉強と信念を通す勇気が
必要なんだな。

それがないと、
単なる
「ワガママな人生」になり、
うまくいかないんだよなあ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS