たった一人の熱狂(見城徹)

幻冬舎の見城さんと、ある人を

介して、お目にかかる機会があった。

凄みをたたえた

物静かな人だなあ、という印象だった。

 

この本は、去年でた内容を、かなり

入替えて、発行されたものだと思う。

 

前作のときは、「いやー熱いなあ」と

唸りながら読んだ記憶があるけれど、

今回は、少し冷静に読めるようになった。

 

今回目に付いたのは、彼の繊細さ。

 

そして、少年時代の繊細さゆえの

孤独感。

 

そもそもの創りが、自分とは大きく違うことがわかり、

単純に熱狂しなくなったのは、進歩かどうか。

 

本の詳細はこちら:

たった一人の熱狂(見城徹)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS