全ての疲労は脳が原因(梶本修身)

「達成感のある仕事が過労死を招く」

 

というぎょっとした項目から読み始めた

本書は、「疲労」というものを医学的に

研究する著者が、とてもわかりやすく

新書にまとめてくれた傑作だ。

 

驚くべき内容が多い。

今までの常識が、ことごとく覆される。

 

疲労は、生体アラームのひとつであり、

運動して疲れるのは、筋肉ではなく、

脳である、ということをわかりやすく

説明してくれる。

 

脳の構造や、自律神経について、

初めて「理解しよう」と読み進める

ことができた。

 

徹夜や睡眠不足を自慢するような典型的な

体育会系の私だが、流石に、もう体力勝負が

できなくなり、時間効率性を極めようと

頑張っているのだが、それでも、思考業務の

疲労感は増すばかりだったが、この本は、

人間の体の原点を知り、どうすれば、間違った

ことをせずに、疲労から正しい回復ができる

のかが学べる貴重な本である。

 

本の詳細はこちら:

全ての疲労は脳が原因(梶本修身)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS